施設敷地内の危険をチェック

警備員

近年防犯意識の高まりから施設警備を導入する会社などが増えおり求人数も増加傾向にあります。また、施設警備の仕事は収入面でも比較的安定している為、人気の職種になっているでしょう。主な仕事内容としては勤務先である施設の警備、施設利用者の車の誘導などになります。その施設や時間帯によっても仕事内容が変わりますが、防犯対策強化の為依頼をしている会社が多くなっているでしょう。敷地内を隅々までチェックしたり施錠の確認など、何か危険が潜んでいないか防犯対策がしっかりされているかもきちんと確認する仕事になります。普段はそこまで力仕事になるような業務はない為、比較的年配の人にも人気の仕事になっています。

防犯対策をする上でとても重要

警備員

施設警備の勤務時間帯は日中だけでなく夜勤もある場合もあります。24時間を通して交代で警備にあたる場合もありますが、勤務時間帯は要望を伝えることで変更することも可能でしょう。施設内の防犯対策、また施設内の安全管理も施設警備の仕事です。施設内を車両が安全に走行することが出来るか、何かトラブルが起こっていないかなど常に様々な部分まで配慮する必要があるでしょう。施設敷地内の安全対策の為に重要な役割である施設警備の仕事はとてもやりがいのある仕事でもあります。

配置される場所により仕事が異なる

警備員ガードマン

そこまで大きなトラブルなどない限り主に施設内のパトロールをすることが仕事になりますが、絶対にトラブルが起きないとは限りません。何かトラブルが起こった際は真っ先に駆けつけ対処する必要があるでしょう。また、勤務場所がどこになるかによっても仕事内容が変わってきます。車の出入りが多い場所であれば車の誘導が主になりますし、場所によっては夜の見回りに力を注いでいるところもあります。どこの場所に配置されても施設警備としての職務をきちんと全うし、緊張感を持ち仕事に取り組むことが大切です。

広告募集中