目次

具体的な内容は

ビルなどを所有している場合には、夜間の人がいなくなる時間帯に窃盗等が発生するケースもあります。最近は、窃盗団などのように集団化されており、従来のやり方では対応できないケースも少なくありません。そこで、施設警備の人を雇うことにより、ビルの財産を守ることが可能になります。この場合の基礎知識としては、まず警備会社を選ぶことが重要になるでしょう。警備会社の種類によっては、交通整理ばかりをやっているところもあり、どこでも施設警備をしてくれるわけではありません。また施設警備をしているところでも、そこに特化しているところならば専門的な教育を受けている可能性があります。これにより、よりビルの防犯性を高めることができるでしょう。

時間帯を気にする

施設警備を依頼する場合には、大抵24時間勤務体制になります。この場合、時間帯によっては防犯性を高めなければならないこともあります。特に夜の時間帯は、人がいなくなるため昼間よりも警備員の数を増やしても良いといえます。

どのようなことをするのか

施設警備を依頼する場合には、単に入り口付近に立っていれば良いわけではありません。やはり定期的に、建物の中を見回ることが必要になります。これにより、犯罪を防ぐことにもつながるでしょう。常に機動力がある警備員を採用するのが良いといえます。

広告募集中